サラリーマンのおこづかい事情をご存知でしょうか?開発日誌#2

新生銀行が毎年調査してくれているサラリーマンのお小遣い調査というレポートがあるのをご存知でしょうか?
参考:サラリーマンのお小遣い調査

このレポートを読んでいただければわかるのですが、サラリーマンの平均的なおこづかいは男性会社員は37,873円、女性会社員は33,502円なのだそうです。
これは2016年は調査開始以降、過去3番目に低い金額なのだそうです。
参考:サラリーマンのお小遣い

しかもこの数字は昼食代を含む数字なのです。
一日の昼食代に関しては男性587円、女性674円だそうです。
参考:サラリーマンの昼食事情
一日単位で計算するからわかりづらいかもしれませんが、例えばあなたが隔週休2日制の会社で働いているとします。月に大体8日程度お休みがあるとします。
月に22-23日出勤するものとして一月の昼食代の平均は男性なら22日x587円=12,914円、女性なら22日x674円=14,828円
休みの日は水を飲んで昼飯は我慢してください。

つまり、男性なら37,873円のお小遣いに対して昼食で12,914円も使ってしまっているのです。
女性も33,502円のお小遣いに対して14,828円も使っています。
週末は水を飲んで飢えを凌いだとしてもこの数字です。

何が言いたいかと言いますと、平均的なサラリーマンの皆さんは、昼飯でお金を使いすぎなのです。一ヶ月に差し引いた2万円弱のお小遣いでは何もできないと思います。
消費が冷え込む原因になると思います。我々はここに疑問があると思っています。

そこでFREE LUNCHの出番が登場するのです。

FREE LUNCH(フリーランチ)は月額500円(税抜き)さえ払っていただければ、加盟店のランチメニューを毎日無料で食べることが出来ます。
意味不明かもしれませんが、毎日来ていただいても無料になります。

つまり、
男性会社員のランチ代が12,914円→540円
女性会社員のランチ代が14,828円→540円
このような削減を果たせるという訳です。

休みの日も水で我慢しないで無料でランチを楽しめば良いのです。それが可能になるサービスなのです。

節約したお金で一体何が出来るかを考えてみましょう。

男女とも単純に約12,000円が節約できると想定してください。
またしてもレポートによると、男性は一回あたりに5,102円、女性は3,915円飲みにお金を使っています。
つまり、男性は2回、女性は3回今よりも多く飲みに出ることが出来ます。
参考:サラリーマンの飲み事情

宴ですね。最高です。

さて、まずは使う方で比較いたしましたが、貯金に目を向けてみましょう。

貯金すると凄いことに

毎月12,000円貯金すると1年間で144,000円も貯金することが出来ます。
恐ろしいことです。ランチを節約するだけでこんなに貯金できるのです。

借金がある人は借金を返しましょう。旅行が好きな人は恋人と毎年旅行にいけます。
投資に回すことだって出来るし、保険をかけることも出来ます。
この生活を10年続けるとどうなるでしょう。

想像してみてください。我々が提案しているのは収入を増やす方法ではなく、無駄を少しでも削りましょうという提案です。
フリーランチは無料のランチではありません、毎月500円必要ですので。

しかし、自由(FREE)なランチではあると思っています。
今回はサラリーマンのお小遣い事情を見ながらフリーランチのメリットについてご説明させていただきました。

我々の使命はずっと変わらない飲食業界にどでかいインパクトを与えることです。まずはフリーランチがそれを実現します。
その後の革命はDELICIOUSというサービスが実現します。

まだまだ始まったばかりです。

この記事の著者

霧島フェニックス

霧島フェニックス編集責任者

フリーランチとDELICIOUSを思いついた人。
私たちの使命は古い価値観をぶち壊して新しい常識を創り出すことです。
サブスクリプションエコノミーを世界に拡げていくために日夜活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る