サブスク飲食店がフリーで提供する日というブログ記事を読んで

サブスク飲食店がフリーで提供する日

こちらの方のブログなのですが、ものすごく的を得ているなと思いまして。
ご紹介させていただきます。

弊社はこれまで福岡県北九州市、東京都西荻窪、大田区蒲田、大阪府でサブスクのランチ店を営業してまいりました。

こちらのページで売上を公開しているものの支出については明記しておりません。

実際こちらのブログで言及されている通り、

 そんなサブスクの飲食店の中で、閉店となったニュースがありました。やはり経営が難しいだろうなと感じたものです。限界費用を克服したビジネスモデルでなければ、ビジネスを存続させられないからです。

 限界費用とは、経済学の専門用語。簡単にいうと、生産を1個増やしたときに生じるコスト。IT系のサブスクだと、これがほとんどかからない。音楽配信や動画配信など、サーバーに情報コンテンツをアップしておけば、お客さんがどれだけ利用しても限界費用はないのも同然。

 これに対して、飲食店ではそうはいかない。提供するラーメンやステーキを1杯提供するたびに、材料費はもちろんのこと、人件費も経費もかかります。情報コンテンツとは違って、限界費用を無視することはできません。

実際に限界費用がいくらなのかというのは、誰に聞いても教えてくれませんでしたので、私が今検証しておる最中です。
今後サブスクの飲食店を経営したいと思っている皆さんにはぜひ公開していこうと思います。

限界費用は仕入れ、人件費などから簡単に計算できるだろうという言葉もいただくと思うのですが。
現実はそう簡単ではなく、会員がどのくらいリピーターになって、解約率がどの程度なのかという指標がそもそも無いのです。

ですので、私が今体を張ってその調査をしている次第です。

今後はもう少し売上公開を充実させたいと思います。

この記事の著者

霧島フェニックス

霧島フェニックス編集責任者

フリーランチとDELICIOUSを思いついた人。
私たちの使命は古い価値観をぶち壊して新しい常識を創り出すことです。
サブスクリプションエコノミーを世界に拡げていくために日夜活動しています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る