あなたのレシートを買い取るサブスクランチサービスを開始します。

  • 2019-12-14

月額定額制(サブスク)のランチサービスを新たに開始します。

現在FREE LUNCH(フリーランチ)はサービスを一時停止させていただきます。

既に会員様にはお伝えしてます通り、11月よりTKG食堂は営業を停止しております。
ただいまリニューアルオープンに向け準備中です。

お待たせして申し訳ございません。

さて、我々は新しい定額制のランチサービスを開始することにいたしました。
先日PREMYというサービスの説明を聞きまして、体中を電撃が走りました。

月額たったの3,980円で、日本全国のほぼ全ての映画館/水族館/美術館/博物館に行き放題。

まじ天才だと思いました。
何よりも加盟店とかそういう概念がない。

これは定額制ランチサービスを営む私にはものすこくブレイクスルーになりました。

FREE LUNCH(フリーランチ)の最大の弱点は加盟店募集の問題でした。

PREMYというサービスには加盟店という概念がないのです、目から鱗が落ちる思いでした。
これは同じような仕組みを飲食業界でも利用できるのはないかと思いました。

もちろん、様々サービスの仕様変更などが必要になると思いますが工夫したらそれが可能になると思います。

我々はDELICIOUSという定額ランチサービスでそれを展開します。

まずは東京都千代田区の「大丸有」と呼ばれる地区でサービスを開始します。

大手町
丸の内
有楽町

日本を代表する大企業が集まるこの地域からサービスを開始したいと思います。
日本橋、神田、京橋、八重洲のエリアも大事なのは分かっています。

すぐに拡大しますので少々お待ちください。
東京駅周辺エリアへと正式開始とともにエリア拡大いたしました。

サービス概要

上記の「大丸有」のこの地域でランチを食べたときのレシートと食べた物の写真をアップしていただけませんか?
最大500円で買い取らせていただきます。

さらにこのサービスは会員制とさせていただきサブスクで提供します。
月額料金は8,800円(税別)

毎年調査されているサラリーマンのお小遣い調査

新生銀行が毎年調査しているサラリーマンのお小遣い調査を見ていただきたいと思います。

2019年の男性会社員のランチ代は555円、女性会社員のランチ代は581円

もちろん「大丸有」のこの地域のランチ単価がどこよりも高いのは存じ上げております。
しかし、平均的なランチを食べていただいて、レシートと写真をアップして頂ければ男性なら55円、女性なら81円の出費でランチを楽しむことが出来るのです。

一か月に黙っていても平均16000円程度のお金を皆さんは使っているのです。
月額会員になっていただき、このサービスでレシートの買い取りを行うことで、劇的にランチにおける出費を減らすことが可能です。

サービスは2020年1月より開始します。
まずは招待制でサービスを開始させていただきます。

-先行登録は終了しました-

詳しい登録方法は今後プレスリリースを配信させていただきますのでぜひご覧ください。

ユーチューブで説明動画を作成-2019年12月15日追記-

【皆様へ-3月8日更新-】

新型コロナウィルスの情勢を鑑みてエリアの拡大とキャッシュバック金額の変更を行いました。
それに伴い、改めて招待フォームを設置させていただきます。
URL:詳細記事はこちら

【皆様へ-3月2日更新-】

2月中にリリースする予定が大幅に遅れてしまい申し訳ありません。
3月1日にリリースさせていただきました。
事前募集に応募してくれた方へは招待メールを送らせていただいてます。
修正:提供エリアを東京駅周辺へと変更させていただきました。八重洲、京橋、日本橋、銀座、日比谷、神田などのエリアを追加します。

【皆様へ-1月31日更新-】

詳細をプレスリリースとして発表させていただきました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000036620.html

【皆様へ-1月17日更新-】

もうすぐでサービスのβ版を公開できそうです。
事前に登録していただいた皆様を優先的にサービスに招待させていただきます。
招待フォームは1月31日をもって終了させていただきます。

2月以降は正式サービスの発表を待つか、すでに招待状を持ってる人からの紹介でサービスにサインアップすることが可能です。
今しばらくお待ちください。

定期的にhttps://twitter.com/kirishima_sbsc

こちらのTwitterのアカウントから招待コードをお伝えします。

この記事の著者

霧島フェニックス

霧島フェニックス編集責任者

フリーランチとDELICIOUSを思いついた人。
私たちの使命は古い価値観をぶち壊して新しい常識を創り出すことです。
サブスクリプションエコノミーを世界に拡げていくために日夜活動しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る